ヤマト運輸の「らくらく家財宅急便」でベッドを引越し

会社の借上げ寮から自己借上げのアパート(家具・家電付きのレオパレス)に引越すことになりました。内示から2週間以内に引越さなければなりませんでした。

しかし、3月中旬の内示で引越し業者の繁忙期のため希望日に手配ができなかったことと、会社から借りた洗濯機や冷蔵庫を使用していたので荷物が比較的少なかったことから、業者を極力利用せず自力で引越すことにしました。

自力で無理だと判断したのはベッドです。ベッドについてはヤマト運輸の「らくらく家財宅急便」を利用することにしました。運び出す前に解体をしておいてほしいと言われ、苦労して解体したのですが、解体は必要最低限で良かったみたいです。

「ここまで細かく解体しなくてもよい」と当日言われてしまいました。解体したベッド本体とベッドマットは個別に専用の袋などで梱包して運んでもらえました。

指定した時間に引き取りに来てくれ、指定した時間に新居へ運び入れてくれるのは引っ越し業者のサービスと同じなので、大物がベッドだけならば格安で引っ越しできると思います。私の場合、シングルベッドで2万円以下でベッドを運ぶことができました。

ベッド以外については、レンタカーを手配して新居へ2往復で輸送しました。比較的安く借りられるトラックがあったのですが、当日の天候によっては荷物が雨で濡れてしまうため、大型のワンボックスカーをレンタルしました。

引越し当日は強風が吹き荒れており、小雨も降ったので、屋根のないトラックにしなくてよかったと思います。引越し先が比較的近くレンタカーで往復可能な場合は、レンタカーを検討することをお薦めします。

引越し単身パックVS赤帽VS自力引越し、最安値はどれ?(TOP)

コメントを残す

このページの先頭へ